沖ボートシーバスジギング 痛恨のバラシ・・

今日もポカポカ陽気。

東京湾はベタ凪。

港内シーバスが好調なので、

思い切って苦手な沖ボートシーバスジギングで狙いました!

沖シーバスボートジギング

航路の灯台でヒット!魚探反応バリバリ

 

魚探で方方探すも、なかなか良い反応が見られず、

千葉航路の灯台まで来てしまう。

あんまり実績が無いので半信半疑で近づくと、

魚探に反応がバリバリ!

 

ベイトウヨウヨ、シーバスウヨウヨ。

早速バイブを投げて着底から巻き上げると、

中層でヒット!

60センチのシーバスをキャッチ!

 

100均ジグに泣かされる・・・

100均ルアーのフック交換

案の定100均ジグ40gのフックが折れている。

で、すぐにフックを交換。

 

次の灯台に移動して1投目。

今度は着底と同時に

『ドシッンッッ!!』

って感じの大型ヒット!!

 

慎重にやり取りして約5分。

ボート際で痛恨のバラシ!!

 

明らかにランカーサイズ

で、ジグを見てみると、

100均ルアーのスプリットリング交換

スプリットリングがこんな事に!

生まれて始めてスプリットリングオフ!!

 

100均ルアーはフックだけじゃなくて、

スプリットリングも交換しないと、

手痛い目にあうって事がよくわかった。

 

湾奥にシイラ

ところで、

写真は無いけど、

灯台の表層周りに軽く6,70センチオーバーの

シイラがいました。

 

ミノーポッパー投げまくったけど

全く反応無し。

 

湾奥でシイラ釣れたら面白いな。

次回に期待。

 

『令和の海賊』夏之介

廃船からレストアし復活させた

ヤマハの名艇「SC950 CLASSIC」号を拠点に

港の投棄物、漂着物の清掃、リユース・リサイクルを営んでいる。

既存の枠組みに囚われず、

「人と海の玄関口」である津々浦々の港に

我々JOMの船を係留し

その港をキレイで安心して遊べる所にしていきたい。

2児の父。ヤマハUF23船長

ABOUTこの記事をかいた人

『令和の海賊』夏之介 廃船からレストアし復活させた ヤマハの名艇「SC950 CLASSIC」号を拠点に 港の投棄物、漂着物の清掃、リユース・リサイクルを営んでいる。 既存の枠組みに囚われず、 「人と海の玄関口」である津々浦々の港に 我々JOMの船を係留し その港をキレイで安心して遊べる所にしていきたい。 2児の父。ヤマハUF23船長