【沈没船復活】不法投棄船のレストアプロジェクト開始!

東京湾の船の墓場を見てきた

東京湾に無数に捨ててある「不法投棄船」

自治体も放っておいているわけでは無いが、

1隻撤去するのに100万円かかる。

 

大金かけて処分するくらいなら、

引き上げてレストアして使えるようにしたい。

 

船を所有してみたい若い釣り人や、

東京湾で漁師になりたい!

という人にプレゼントして、

海の活動をもっと広めたい。

まずは海上造船所『浮き船台』をレストアする

なんと我々の港には、

壊れて捨てられた浮き船台が転がっている!

 

フロートが2基、

漂流しないように桟橋にロープで固定されている。

 

1基の長さが約6メートル、素材はFRP

重さは約200キロ~300キロかと思われる。

 

拾い上げて修理してよいか、

管理している漁協に聞いたら、

全て自己責任でOK!とのこと。

浮き船台とは?

↑  ↑  ↑  ↑  ↑

現役で稼働中の浮き船台

両端に6メートル、20フィート前後のフロートが付いている。

 

その間に船台が設置されている、

というシンプルな構造。

 

船を上架する手順

1)両端のフロートに海水を注入して船台を沈める

2)船を船台の上に入れる

3)フロートの海水をポンプで抜き取る

4)船台が浮いて船が上架される

 

次回、沈んでいるフロートの引き上げを紹介します!

『令和の海賊』夏之介

廃船からレストアし復活させた

ヤマハの名艇「SC950 CLASSIC」号を拠点に

港の投棄物、漂着物の清掃、リユース・リサイクルを営んでいる。

既存の枠組みに囚われず、

「人と海の玄関口」である津々浦々の港に

我々JOMの船を係留し

その港をキレイで安心して遊べる所にしていきたい。

2児の父。ヤマハUF23船長

ABOUTこの記事をかいた人

『令和の海賊』夏之介 廃船からレストアし復活させた ヤマハの名艇「SC950 CLASSIC」号を拠点に 港の投棄物、漂着物の清掃、リユース・リサイクルを営んでいる。 既存の枠組みに囚われず、 「人と海の玄関口」である津々浦々の港に 我々JOMの船を係留し その港をキレイで安心して遊べる所にしていきたい。 2児の父。ヤマハUF23船長