【小型船舶】同乗者が免許持ちなら無免許でOK!?専門家に聞いてみた

同乗者が居ても運転しちゃだめ?

よく昔から

「小型船舶は隣に免許持ちが居れば免許ない人でも運転出来るよ」

って話は聞いていた。

確かに自分が小型船舶免許を取得する時に、

「小型船舶は隣に免許持ちが居れば免許ない人でも運転出来る」

という事が教科書にも書いてあった。

 

ところが

「昔は大丈夫だったけど今は駄目になった」

と言う人もいる。

 

本当のところはどうなんだ??

専門家に聞いてみた

 

船の専門家といえば小型船舶の登録の管轄

『日本小型船舶検査機構(JCI)』

早速電話してみると、

 

「コチラは小型船舶そのモノの管轄で、免許の管轄は別になりますよ」

なるほど。。

 

教えてもらったのがココ

『(一財)日本海洋レジャー安全・振興協会』

もしくは

『運輸局』

 

で(一財)日本海洋レジャー安全・振興協会に電話してみる。

親切に教えていただいた。

 

東京湾での結論

1)小型船舶免許の制度上では同乗者が免許持っていればOK

2)例外エリアがある 「特定港、航路は不可」

3)安全には注意しましょう!

特定港とは、東京港とか千葉港とか、海図で境界線が定められていて、

そのエリア内は必ず免許を持った人が運転しましょう

という法律がある。

 

つまり

定められたエリア外であれば

同乗者が免許持ちなら無免許でOK

でも

船長が責任を持って安全に注意しましょう

という事らしい。

 

スッキリした!

 

 

『令和の海賊』夏之介

廃船からレストアし復活させた

ヤマハの名艇「SC950 CLASSIC」号を拠点に

港の投棄物、漂着物の清掃、リユース・リサイクルを営んでいる。

既存の枠組みに囚われず、

「人と海の玄関口」である津々浦々の港に

我々JOMの船を係留し

その港をキレイで安心して遊べる所にしていきたい。

2児の父。ヤマハUF23船長

ABOUTこの記事をかいた人

『令和の海賊』夏之介 廃船からレストアし復活させた ヤマハの名艇「SC950 CLASSIC」号を拠点に 港の投棄物、漂着物の清掃、リユース・リサイクルを営んでいる。 既存の枠組みに囚われず、 「人と海の玄関口」である津々浦々の港に 我々JOMの船を係留し その港をキレイで安心して遊べる所にしていきたい。 2児の父。ヤマハUF23船長