【まとめ】東京湾奥サワラの俺流釣り方を解説!

例年以上に盛り上がった東京湾奥のサワラ釣り

10月から釣れ始めた令和元年の

東京湾奥サワラ。

我らが『令和海賊』でも、

3.40本は揚げたんじゃないかな?

 

しかも4人に初めてサワラを釣らせる事が出来た。

東京湾奥サワラのタックル

基本、東京湾サワラ釣りのタックルは、

シーバス用のライトタックルでオーケー。

 

『令和海賊』夏が使ってるタックルは

ロッド アブガルシア 7フィート ルアーウェイト35gまで

リール ノンブランド4000番

ライン PE1.2号

リーダー フロロカーボン50ポンド

鳥山ナブラ、サワラのボイルにキャストするのに7フィート位は欲しい。

ボートシーバス用の6フィート台より大分飛距離が違う。

 

さらに流行りのシーバス用ライトタックルよりもヘビー。

今年の東京湾奥サワラはメーターオーバーの、

5キロアップまで上がってる。

 

これくらいのマージンは欲しい所。

湾奥サワラ10月から11月中旬、前半シーズンのルアーと釣り方

俺が好きなルアーは、

アスリート F120 背赤

重心移動付き。

 

この時期はとにかく鳥山ナブラかサワラのボイルを見つける。

5センチ前後のイワシの群れを追いかけ回してる、サワラの目の前にルアーをキャストする事!

サワラはボイルする時に、

全身が見えるくらい横っ飛びするから目を凝らしてればすぐに分かる。

そのボイルにズドン!

そして

高速巻き!

キャストがキッチリ決まれば、

すぐに食ってくる。

 

当然高速巻きに耐えられる性能のフローティングミノーがベター

12月までの後半シーズンの東京湾奥サワラのルアーと釣り方

段々と秋が深まる11月。

ボイルでは釣れなくなってくる。

 

この場合の釣り方は、

ジグや鉄板バイブ。

底からリフトフォール。

ポイントは魚探でイワシの群れを見つけるのが基本。

もう一つのパターンが、

濁り筋との境目や潮目。

 

更に、そこに潜りがちなこの時期のサワラを、

ひたすらトップウォーターで誘い出す

と言う方法もある。

 

どの道チャンスの少ないこの時期。

キャストし続けるしかない。

外道も嬉しい東京湾奥サワラ釣り

イナダ、ワラサ、タチウオ等々、

嬉しいゲストが今年の東京湾奥は多かった。

東京湾奥サワラ釣りのまとめ

前半シーズン

ポイント ボイル

ルアー フローティングミノー高速巻き

後半シーズン

ポイント 濁り筋、潮目、イワシの群れ

ルアー 鉄板、ジグ、イワシカラー

実はダイソーの100均ジグでも全然釣れる

ダイソーの100均ミノーやジグでも全然釣れちゃう時は釣れちゃう。

兎に角美味い!東京湾奥サワラを楽しもう!

刺身、西京焼きはもちろん!

鍋だって最高に美味しい。

港をキレイで安心して遊べる所にしていきたい。