海錆びアイアンアート【1】素材として面白い!

長年の錆と経年劣化で、程よく柔らかくなるアイアン

港の清掃で回収した鉄管、や鉄くず。

なかなか良い味出してて、

面白い形のモノもたくさんある。

鉄と潮と微生物の塊

コイツが何やら人の顔か、ガイコツに見えてくる。

ワイヤーブラシで磨いたり

余分な所を落としたり

形を整えてみる

だんだん顔が見えてきた

裏の錆も適当に磨いて粉を落とす

黒い部分を磨き続けると

黒鉄色にツヤが出てくる

 

ルーターでスカルに仕上げていく

とりあえず最初の整形はこんなかんじ

 

このままだとネックレス等、

身につけるにはワイルドすぎるか。。

 

ここからどうして行こうか

考え中。

http://tokyo-sbg.com/?p=3206

 

『令和の海賊』夏之介

 

廃船からレストアし復活させた

ヤマハの名艇「SC950 CLASSIC」号を拠点に

港の投棄物、漂着物の清掃、リユース・リサイクルを営んでいる。

 

既存の枠組みに囚われず、

「人と海の玄関口」である津々浦々の港に

我々JOMの船を係留し

その港をキレイで安心して遊べる所にしていきたい。

 

2児の父。ヤマハUF23船長

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

ABOUTこの記事をかいた人

『令和の海賊』夏之介   廃船からレストアし復活させた ヤマハの名艇「SC950 CLASSIC」号を拠点に 港の投棄物、漂着物の清掃、リユース・リサイクルを営んでいる。   既存の枠組みに囚われず、 「人と海の玄関口」である津々浦々の港に 我々JOMの船を係留し その港をキレイで安心して遊べる所にしていきたい。   2児の父。ヤマハUF23船長