ボートのレストア始めました【その37】 配電ボックスを取り付ける

デッキで手軽に電気を使いたい!

ヤマハSC950 2スト250馬力 船外機仕様

[950 CLASSIC号

今までボートで電気を使おうと思ったら、

まずデッキの蓋を開けて下に降り、

発電機を手動で引っ張ってスタート。

床板を開けたままにして家電を繋いでた。

床板を開けずに発電機オン、100ボルトも12ボルトも取れる配電盤

デッキのデッドスペースはここしかない。

壁に下穴を掘り、

ビス留めする。

周囲をしっかりコーキングでシールすれば十分だと思う。

ガタツクようならボルト止めに変えれば良い。

ここに100ボルト12ボルトのコンセント、

電動リールとかで使う12ボルトの電源端子、

欲を言えば発電機のセルスタータースイッチを取り付ける予定。

ボートのレストア始めました【その38】キャビンのテーブル天板の補修

『令和の海賊』夏之介

廃船からレストアし復活させた

ヤマハの名艇「SC950 CLASSIC」号を拠点に

港の投棄物、漂着物の清掃、リユース・リサイクルを営んでいる。

既存の枠組みに囚われず、

「人と海の玄関口」である津々浦々の港に

我々JOMの船を係留し

その港をキレイで安心して遊べる所にしていきたい。

2児の父。ヤマハUF23船長

ABOUTこの記事をかいた人

『令和の海賊』夏之介 廃船からレストアし復活させた ヤマハの名艇「SC950 CLASSIC」号を拠点に 港の投棄物、漂着物の清掃、リユース・リサイクルを営んでいる。 既存の枠組みに囚われず、 「人と海の玄関口」である津々浦々の港に 我々JOMの船を係留し その港をキレイで安心して遊べる所にしていきたい。 2児の父。ヤマハUF23船長