ボートのレストア始めました その22 チルトが動かない・・・

いざ上架!船底作業!って時に・・・

 

ヤマハSC9502 スト250馬力 船外機仕様

[950 CLASSIC号]

 

なんとチルトが動かない!

 

スイッチ押すと

「カチッ」って

リレーが動く音はする。

セルモーターは動く。

バッテリーの電圧は十分。

 

こりゃチルトモーターが逝ったか?

 

港の管理人、兼修理屋さんのおじさんに聞いたら、

「リレーをすっ飛ばして、モーターにバッテリー直結して動かなきゃモーター故障だわ」

「チルトモーターは上架 + 船外機取り外しだわ」

 

やだやだやだーーーー!

近場のマリーナで

上架 + 船外機取り外し + モーター交換

一体幾らかかるんだろ???

 

それだけは絶対に避けたい・・・。

 

 

とりあえず今日の上架はキャンセル・・・。

 

 

リレーの接点を研いてみる

リレーといえば接点、接点と言えば接触不良。

ってことでリレーを分解。

 

ところが

チルトのリレーは

開けてはいけないパンドラの箱だった

 

パカっと開けただけで、

細っい配線が

「ぷちぷちっ」

って切れた。

 

直径2ミリくらいの細い穴の中のハンダから抜けたようだ。

 

あつしには黙って元に戻す。。

 

バッテリー直結で動いた!

結局モーターは異常なし。

原因は

リレーの不具合

これは交換すれば良し。

 

15000円くらいか。

 

故障のタイミングが悪いが、

チルトについて一通り勉強になった

 

自分でレストアするとこの経験がデカイ。

後々かなり約に立つはず。

ボートのレストア始めました その23 手動でチルトアップ・ダウン

『令和の海賊』夏之介

 

廃船からレストアし復活させた

ヤマハの名艇「SC950 CLASSIC」号を拠点に

港の投棄物、漂着物の清掃、リユース・リサイクルを営んでいる。

 

既存の枠組みに囚われず、

「人と海の玄関口」である津々浦々の港に

我々JOMの船を係留し

その港をキレイで安心して遊べる所にしていきたい。

 

2児の父。ヤマハUF23船長

ABOUTこの記事をかいた人

『令和の海賊』夏之介   廃船からレストアし復活させた ヤマハの名艇「SC950 CLASSIC」号を拠点に 港の投棄物、漂着物の清掃、リユース・リサイクルを営んでいる。   既存の枠組みに囚われず、 「人と海の玄関口」である津々浦々の港に 我々JOMの船を係留し その港をキレイで安心して遊べる所にしていきたい。   2児の父。ヤマハUF23船長