ボートのレストア始めました その14 船体上部の塗装

黄ばんだ船体を真っ白にしたい!

ヤマハSC950 2スト250馬力 船外機仕様

元々の色だったのか、40年経って中まで黄ばんだのか?

コンパウンドかけても、ヤスリ掛けても出てくるのはこの黄ばんだ色。。

前回吹き付け塗装にトライしてみたものの、

不可能という結論に至り、

結局はハケとローラーで手塗り。

扱いが簡単!

という理由で水性を採用。

サンデーペイントFRP用の白

当然手塗りは刷毛目やらムラでデコボコする。

が、気にしない。

シッカリ厚塗りしておいて後で時間かけてヤスリがけすれば良し!

広い面はローラーで比較的綺麗に塗れる。

細かい部分はハケで、

ダマになるのは気にしない。

仕上げは几帳面なあつしにバトンタッチ♪

いやしかし、

冬場の野外塗装は乾燥が遅くて遅くて。。

水性だしね。

やっぱり1液型の油性に変更しようかと思う。

あと管理人のおじさんが、

真っ白は夏場の日差しで眩しすぎる、

ヤマハの純正は少し青が混ぜてあるよ!

との忠告。

んーーー、今更変更は出来ないな。

ボートのレストア始めました その15 塗装面の磨き

港をキレイで安心して遊べる所にしていきたい。