平日なのに東京湾はボートハゼ釣り真っ盛り 

市川の運河にハゼ釣りボートが20艘くらい

東京湾市川運河ハゼ釣りボート

市川の運河の最奥のボート係留所の港に、

平日なのにハゼ釣りボートが全部で20艘くらいひしめいている。

 

たかはし遊船」さん。

 

多分普段行徳で曳舟をやってるボート屋さんだと思う。

今はこの辺が釣れてるんだね。

 

天気も良いしのんびり良いねー♪

釣果はそこそこ?

 

二刀流のベテラン風のおじさんに聞いたら100匹は超えそう、

とのこと。

レジェンドに魅せられ通った過去

私がまだ10代だった頃、

ハゼ釣りにハマってしまい、

毎週行徳の浅瀬に通ってた。

 

そこには必ずバカ長履いて浅瀬に立ち込み、

延べ竿二刀流で半日微動だにせず

ひたすらリズミカルに釣り上げているオジサンが居た。

 

それに憧れて通って、いっつも隣で竿出して、二刀流を真似して、

なんとか1日に一束¥8(100匹)は釣れるようになったけど、

そのオジサンは毎日3束(300匹)は下らないという・・・。

 

 

そんなレジェンドが居たのを思い出す。

 

 

一瞬のアタリを逃さずアワセる、

繊細な釣り方にハマると、

あっという間に日が暮れてしまう。

 

ハゼに始まりハゼに終わる!?

 

良く釣り師の一生を

フナに始まりフナに終わる

って言うけど、

東京の釣り師だど

ハゼに始まりハゼに終わる

あるいは

「ハゼに始まりフナに終わる」

ってのもあるよね。

 

 

とにかくハゼ釣りは

ありとあらゆる釣りを通り過ぎてきた

ベテラン釣り師でさえのめり込む何かがあるのかな。

 

あーーーーーーーー

ハゼ釣りたーい。

港をキレイで安心して遊べる所にしていきたい。