サワラ即締め!1分遅れると身がグズグズに

初めて釣ったサワラ(サゴシ)興奮し過ぎで締めが遅れる

 

初めてサゴシサワラ)を釣った時、

普段意識しているはずの締めをすっかり忘れており、

のんきに写真撮影なんぞしてる。

 

youtube『令和海賊チャンネル』

 

それでも1分後?くらいにはエラを切って締めたのよ。

普通それくらいで良いと思うじゃない?

ところがどっこい、

刺し身で食べたら身が「グズグズ」

せっかくの高級魚が泣いている・・・。

 

サワラ即締め!をモットーにリベンジ

サワラの釣り方

で2日後再び同ポイントで、

今度は1時間で3本ゲット!

 

ルアーチョイスだけじゃなくて、リーダー50号3000番台のリールで鬼巻き。

イワシのボイルがあったら進行方向や周囲に即キャスト、即鬼巻き。

 

鬼巻きって・・どれくらいか

シーバスミノー引っ張る時の倍くらい早い気がする。

でないと見切られちゃうみたい。

 

リールが小さいとそんなスピード出すのが大変。

 

湾奥サワラ最新釣果!

とにかく船に上げて5秒!すぐ締めた!

色んな方法があるけど、

写真にあるように脳天を一発切ってしまえば良いらしい。

血抜き神経切りもいっぺんに出来る。

 

今回は前回の反省を踏まえて

とにかく船に上がったら5秒くらいで脳天をかち割った。

 

 

即締めのサワラ(サゴシ)の新鮮な刺し身は最高!

身もしっかりとしていて、

ねっとりと甘みが広がる~。

コレだコレ!!

久しぶりに釣った魚の味で感動したよ。

 

やっぱり魚ごとに締め方ちゃんと予習しておいて

こだわらないともったいないね。

サワラの神経締め!誰でも簡単に出来る方法

湾奥サワラ最新釣果!

釣行記2019.11.4 サワラ童貞卒業おめでとう!

9/22 サワラ、イナダ祭り来た!!幕張沖にルアー船が大集合

『令和の海賊』夏之介

廃船からレストアし復活させた

ヤマハの名艇「SC950 CLASSIC」号を拠点に

港の投棄物、漂着物の清掃、リユース・リサイクルを営んでいる。

既存の枠組みに囚われず、

「人と海の玄関口」である津々浦々の港に

我々JOMの船を係留し

その港をキレイで安心して遊べる所にしていきたい。

2児の父。ヤマハUF23船長

ABOUTこの記事をかいた人

『令和の海賊』夏之介 廃船からレストアし復活させた ヤマハの名艇「SC950 CLASSIC」号を拠点に 港の投棄物、漂着物の清掃、リユース・リサイクルを営んでいる。 既存の枠組みに囚われず、 「人と海の玄関口」である津々浦々の港に 我々JOMの船を係留し その港をキレイで安心して遊べる所にしていきたい。 2児の父。ヤマハUF23船長