雨直後の激ニゴリ釣行 一応サゴシ狙い

久しぶりの雨は恵の雨となるか?久しぶりの秋雨

久々の本降りの雨。

感想で喉がガビガビの私には嬉しい限りだけど、

釣行には向かないね。

 

 

ところが潮は久々の大潮。

満潮16時。

夕まずめに潮の動き出し。

 

 

前回のこのパターンは連日爆釣に次ぐ爆釣だった。

という事で雨ニモマケズ出航!

夕方1時間の勝負。

 

 

魚探に反応はあるが、口使わない

まずは鉄板の船橋沖のサゴシポイントへ直行。

ところが夕方特有のどこにでもベイトがいる!

という状況とは程遠い。

 

走り回って群れを見つけても、

口を使わない。

 

日中の本降りの雨で激にごり。

原因はこれかな。

 

 

ラストでお約束の明暗ストラクチャーで

なんとかチーバスをゲット。

これにて終了。

「濁りと食い気の関係」をもっと知りたい

 

潮、時間、季節、場所、等々は少し分かって来たけど、

濁り加減はまだサッパリ。

 

 

ササ濁りで爆釣する時もあるし。

濁りの解消時に釣れることもある。

 

 

ハッキリしてるのは

「濁り過ぎてる最中は釣れない」

のかな??

港をキレイで安心して遊べる所にしていきたい。