ボートレストア、始めました。その4 船外機ステアリング整備編

本日はヤマハSC950の整備について少し書こうと思います!

ちなみに素人の整備ですのでおおめに見てください()

現状としてはステアリングオイルが漏れていて舵がききずらい、

なんならたまに効かない()

なのでまずこちらから見ていきましょう!

シースターステアリングと書いてありますね、「この字体安ものぽいなー()

ですが調べてみると結構な金額していてちゃんとしたメーカーだと気付く

ごめんなさい…()

シリンダー部分を見てみると

もうズブズブでしたこれはシール交換だと思い早速発注しました。

それとこのままではオイルが漏れ続けて海を汚しかねないので

ステアリングオイルも抜いちゃいます!

これの、

この部分ですね、

チューブをかませてボルトを回して抜いていくのですが

面倒なことにコイツ、21インチサイズなのです()

速攻ホームセンターへ向かうとTKCさんからインチサイズがあった!

さすがっスTKCさん

作業に戻るのですがここから油まみれで写真がありません。

すいません

ボルトを緩めオイルを受けながら操舵室で舵をきります

右も左もまんべんなく。

ある程度出し終えるともう船外機も素手で動くので動かしながら

抜いていきます。あとはボルトを閉めて廃油を雑巾に吸わせてポイです!

後の作業はシールが届き次第なので又後日改めて!

初めての作業は大変ですね

ボートのレストア始めましたその5 海水ポンプで掃除用の水を確保する