ボートレストア、始めました。その2 緊張の初出航!

ド緊張しながら浦安マリーナから初出航!

ヤマハSC950改 船外機仕様 2スト250馬力

下架の様子。

朝一で予約を忘れていたにもかかわらず、

気持ちよく対応していただきました。

 

スタッフの方々4人による作業。

さすが手際が良い!

 

40トン仕様のクレーもとっても頼もしいです。

10トンの32フィート艇も軽々。

浦安マリーナ上架下架クレーン

無事着水

エンジンが掛からない!

 

いざ出航!となってエンジンをかけるも、

うんともスントも言わない。。。

 

年配のスタッフの

「これ何年前の船??」

という声が聞こえる。。。汗

 

「メインスイッチ入れた!?」

 

簡易な改造艇のためスイッチなどなく、

バッテリーにコードを繋ぐだけ・・・恥っ

 

 

なんと原因は使っていない元ドライブエンジンのスタートキー!

もともと2機搭載だったため、

操縦パネルに使っていないドライブのスタートキーが

紛らわしく刺さっていて、

そいつを冷や汗かきながらひねっていたのでした。。

 

 

ようやく気が付き生きているキーを捻り、

3発目でエンジンがかかる。

 

 

ふーーー

シフトを前進に、ガコン。

 

 

ソロリソロリを進む。

 

 

スタッフ

「ステアリングオイル漏れてるから、ハンドル重いかもよ、気をつけてね!」

しゅ出港前に言ってください・・・

 

 

なんとか港を出て広いところへ

ほんとにステアリングが甘い・・・激汗

3回転してようやく効き始める感じ。

 

 

エンジンが快調なのが救い。

その後なんとか沖に出てスピードをチェックしてみることに。

 

マックス20ノット弱 5500回転

船底に貝が着いている割にはスピード出ました。

オッケーオッケー。

 

貝をキレイにして、4200回転、

18ノットくらいで巡航出来たら良いな。

 

 

港に初入港!

 

初めての入港は緊張するよね。

管理人さんが見ててくれて、

余計に緊張する。

 

一度頭を突っ込むも、

風で角度が甘い。

 

再度きっちり回り込んで、

風を計算して横からデッドスローで

 

入った!

 

 

操縦上手くなったもんだ。

さてここから怒涛レストア地獄です。

まずは掃除、掃除、そして掃除。

伊達に40年の船は汚れていない。

次回、掃除編に続く

ボートレストア、始めました。その3ヤマハ 発電機 インバーター EF16HIS

『令和の海賊』夏之介

 

廃船からレストアし復活させた

ヤマハの名艇「SC950 CLASSIC」号を拠点に

港の投棄物、漂着物の清掃、リユース・リサイクルを営んでいる。

 

既存の枠組みに囚われず、

「人と海の玄関口」である津々浦々の港に

我々JOMの船を係留し

その港をキレイで安心して遊べる所にしていきたい。

 

2児の父。ヤマハUF23船長

ABOUTこの記事をかいた人

『令和の海賊』夏之介   廃船からレストアし復活させた ヤマハの名艇「SC950 CLASSIC」号を拠点に 港の投棄物、漂着物の清掃、リユース・リサイクルを営んでいる。   既存の枠組みに囚われず、 「人と海の玄関口」である津々浦々の港に 我々JOMの船を係留し その港をキレイで安心して遊べる所にしていきたい。   2児の父。ヤマハUF23船長