ボートレストア、始めました。その1 ヤマハ SC950 船外機仕

サロンクルーザー ヤマハSC950 購入

ヤマハSC950 船外機仕様

関西から到着

ずっとヤマハUF23に乗って釣りばっかりやっていたんだけど、

一度サロンクルーザーに乗ってみたいと、

毎日「船ネット」「ボートワールド」なんかをポチポチ眺めていました。


 

 

個人的な

「サロンクルーザー」の最低条件は

・5,6人がくつろげるキャビン

・マリントイレ

・エアコン

くらいで、年式は問わない、というもの。

 

 

年式問わない代わりに、

・船外機仕様

・2ストでも良い

なんせ船外機は載せ替えられるからね。

 

 

船外機仕様が今熱い!

 

古くなったドライブ艇を船外機仕様に改造するのは

ここ10年位で少し流行ってきてるみたいで、

ヤマハPC30 船外機仕様

ボートワールドより転載

ヤマハPCシリーズ、FRシリーズ、MRシリーズなどなど、

バブル期に沢山作られた名艇たちが、

 

古いドライブを捨てて、パワーブラケットを取り付け、

200馬力以上の船外機を1,2機積む。

 

更に内装をリニューアルし、

もはや新艇のごとき完成度!

 

 

で更に価格も600万円~。

当然船外機仕様だからメンテナンスが楽で、

燃費も良く、ランニングコストがとっても安い。

 

 

ヤマハSR310

ヤマハHPより転載

ヤマハもラクシアとかSR310とか最初から船外機仕様の

小型のサロンクルーザーを出すようになってきてる。

 

 

32フィート艇 船外機仕様を発見!

そんな中で見つけたのが

「ヤマハ SC950」通称キューゴーマル

改造ブラケット付き 船外機仕様

 

改造船外機仕様艇の中でも32フィートは珍しい。

ヤマハのかつての名艇も船年齢30年以上、

 

だいぶ価格が落ちていて、

しかも船外機が2スト250馬力だからなんせ安い。

 

 

なんと現在所有のUF23の中古相場よりも安く、

陸送費入れてもお釣りが来るくらい。

 

 

で早速現場に見に行き、

・古い、汚れている

・電装品が使えない

・トイレが故障

等々、流石に安い条件はいっぱいあったけど、

 

 

・エンジン、操舵がしっかりしている

・船体がしっかりしている(船外機用の改造ブラケットも)

この絶対条件がクリアしていたので、

レストアするつもりで購入。

 

 

浦安マリーナで下架することに。

下架から初出航は次回!

浦安マリーナ

下架クレーン

次回記事はこちら↓

ボートレストア、始めました。その2 緊張の初出航!

『令和の海賊』夏之介

廃船からレストアし復活させた

ヤマハの名艇「SC950 CLASSIC」号を拠点に

港の投棄物、漂着物の清掃、リユース・リサイクルを営んでいる。

既存の枠組みに囚われず、

「人と海の玄関口」である津々浦々の港に

我々JOMの船を係留し

その港をキレイで安心して遊べる所にしていきたい。

2児の父。ヤマハUF23船長

ABOUTこの記事をかいた人

『令和の海賊』夏之介 廃船からレストアし復活させた ヤマハの名艇「SC950 CLASSIC」号を拠点に 港の投棄物、漂着物の清掃、リユース・リサイクルを営んでいる。 既存の枠組みに囚われず、 「人と海の玄関口」である津々浦々の港に 我々JOMの船を係留し その港をキレイで安心して遊べる所にしていきたい。 2児の父。ヤマハUF23船長